1. TOP
  2. コラム
  3. 自己肯定感を高める20の考え方

自己肯定感を高める20の考え方

 2021/05/06 コラム
  157 Views
自己肯定感を高めている人

本屋に行くと本当にたくさんの書籍が陳列されていますが、最近「自己肯定感を高める」という言葉をよく見かけたりしませんか?

私も本が大好きで定期的に本屋に行っているのですが、ビジネス書や実用書などのコーナーで「自己肯定感」というタイトルが入った本を見る機会が多くなりました。

今、ビジネスや自己啓発などの分野で注目されている「自己肯定感」には、以下の意味があります。

〇自分自身の存在意義や価値、個性などを尊重でできる感情

〇自分の考え方や在り方を、積極的に肯定できる感情

自己肯定感を自尊心という言葉と意味が似ており、簡単に言えば「自分自身の全てを認め、そして尊重し、前向きに進む」ということだと思います。

実際に私も自己肯定感に関する書籍をいくつか読んでみましたが、この自己肯定感がいかに私達人間にとって重要なのか、改めて考えさせられましたね。

そこで今回は、自己肯定感を高める20の考え方について、記事をまとめました。

一つひとつの項目を簡潔にまとめましたので、心に響くものがあれば、ぜひ実践していきましょう!

スポンサーリンク

 

自分の存在には大きな価値があると感じる

人は誰でも、存在していることに価値があります。

大きな失敗をしたり、他人から批判されたりすると、「自分には価値がないのでは」という気持ちが生まれてくるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

仕事の実績や、財産の有無、友達が多いか少ないかなど、人はそれぞれ置かれている状況が違います。

ここで重要なのは、たとえどんな状況に置かれていたとしても、存在しているという価値は普遍的なものであり、大きな価値を秘めていることです。

今この瞬間から、自分の存在には大きな価値があると信じましょう。

 

他人の評価は全く気にしない

他人からマイナスの評価を受けた時、真面目に受け取ってばかりいると、心が参ってしまいます。

そもそも人は、自分自身の価値観を基準にして、他人を判断しているものです。

他人が自分を悪く評価しても、その評価自体が間違っている可能性も十分考えられます。

周囲の人々の評価は、全く気にする必要はありません。

自分が納得できているかどうか、自分自身の心を一番大切にしましょう。

 

仕事を心から楽しむ

仕事は嫌々こなすか、自分から進んで取り組むかで、成長度合いが大きく異なってきます。

大切なのは仕事に対して可能な限り”建設的”に向き合い、周囲と協力しながら、できるだけ楽しく取り組むことです。

もしどうしても好きになれない仕事であれば、転職するのが最善の策だと言えます。

仕事を心から楽しむことで、数ヶ月後、数年後の結果が大きく変わります。

 

自分が思った通りに生きる

あなたは、家族や友達の声に耳を傾けすぎるあまり、生き方や行動が抑制されていませんか?

人は社会性や道徳について学ぶにつれて、自分自身を抑えてつけてしまうことがあります。

社会のルールを守ることは、当然のことながら重要です。

そのルールをしっかり守った上で、自分が思った通りに生きているかどうか。これが大切なのです。

自分がやりたい事に集中し、おもい通りに生きる。

そうすればきっと、おじいさんやおばあさんの世代になった時に、「充実した人生だった」と振り返ることができるでしょう。

 

ミスをした自分を許す

多くの人は、ミスをすると自分を責めてしまいがちです。

さらに周囲や上司から怒られれば、自己嫌悪感が一層強くなります。

そんな時は、ミスをした自分を責めずに、「だいじょうぶ、大したミスじゃない」を心の中で呟いてみましょう。

そうすると心がスーっと軽くなり、ミスをした原因や改善策などが見えてくるものです。

 

どんな出来事が起きても、プラスに解釈する

人は悪い出来事が起きると、どうしてもマイナスに考えてしまいやすくなります。

ここで落ち込み続けるか、それとも「どうしてそうなったんだ?」と建設的な考えに切り替え、前に進んでいくかどうかで、その後の気持ちは大きく変わってくるものです。

良いことが起きれば誰でもハッピーになれますが、意識しておきたいのが不快なことや、良くないことが起きた時です。

この時の出来事をプラスに解釈できれば、物事は大きく好転していきます。

 

嫌な言葉を投げかけてくる人は、相手にしない

世の中には、誰もが聞いて不快になるような言葉を、平気で投げかけてくる人がいます。

このような人は相手をけなすことで、自分自身の優越感を得ようとしているのです。

言い返すと逆効果になるケースが多いので、嫌な言葉を投げかけてくる人は、可能な限り相手にしないのが得策だと言えます。

 

他人への悪い感情はすぐに捨てる

周囲の人が何か良くないことを言ったり、自分の価値観とは異なる行動をとったりした時。

私達は何かとその人に悪い感情を抱いてしまいます。これはある意味、当然の心理かもしれません。

しかし、このようなマイナスの感情は怒りの要因となり、悪い事を引き寄せてしまう危険性があります。

もしどうしても苦手な人がいる場合は、自分は自分、他人は他人だと割り切って行動すれば良いのです。

他人への悪い感情はすぐに捨てて、好きなことや、他の素敵なことに目を向けましょう。

 

夢の実現に向けて動き続ける

夢を夢のままで終わらせている人は少なくありません。

大切なのは、夢を実現するために、行動を起こしているかどうかです。

夢に障害は付き物であり、時には大きな壁が立ちはだかる時もあります。

ここで重要なのが、いかに工夫するかです。

壁がデカければデカいほど、大きく成長するチャンスです。

夢の実現に向けて、止まることなく歩き続けましょう。

 

出会いを楽しめる心をもつ

人との出会いは、人生の醍醐味の一つです。

素敵な人と出会えれば、生活が楽しくなるのはもちろんのこと、人生が大きく好転するケースも少なくありません。

あなたは今、人との出会いに億劫になっていませんか?

世の中には、悪い人達が存在しているのも事実です。

しかしながらもしそのような人と出会ったならば、しっかりと距離を置き、タイミングを見てフェードアウトすれば良いだけです。

素敵な人、そして好きだと思える人との出会いは、人生を豊かにしてくれます。

出会いを楽しめる心をもち、人との出会いを大切にしていきましょう。

 

他人と自分を比較しない

自分と他人を比較するのは、今すぐ止めましょう。

比較するということは、自分と他人の間に優劣をつけるということです。

もし自分が他人より優れていれば嬉しくなり、劣っていれば悲しくなる。

このようなことを繰り返していけば、やがて心は荒んでしまいます。

人間には一人ひとり個性があり、みんながそれぞれ異なる才能や長所を持っています。

このため他人と比較することは、本当に無意味なことなのです。

 

余計な競争をしない

人類は、様々な所で競争が行われています。

「競争社会」という言葉もあるほど、色んな場所で競争があり、勝者と敗者が生まれています。

競争に負けてしまった場合、自分は勝った人と比べて価値がないと思ってしまうものです。

しかし、”負ける=価値がない”という考え方は大きな間違いであり、あなたは常に価値がある人間なのです。

余計な競争をしてしまうと、時には傷ついてしまうことがあります。

このため無理に競争しようとせず、周囲の人達と建設的な行動を起こしていくことが大切です。

 

自分自身を決してけなさない

何か大きなミスを犯した時。

・自分はなんて馬鹿なんだ。

・どうしてこんな事をしてしまったんだ。

・自分、こんなに頭が悪かったなんて・・・。

・この程度しかできないなんて、ダメな人間だ。

このように、自分自身をけなしたりしていませんか?

自分を責める言葉は、自分の短所にしか目を向けていません。

もし失敗したのであれば、そこからたくさんのことを学べるはずです。

失敗しても決して自分をけなさずに、次に活かせるチャンスを掴んだとして、前向きに進みましょう。

 

他人を無理に変えない

周囲の人達が思うように動いてくれなっかったり、余計な事をしていたりした場合。

”あの人、ちょっと変わってくれないかな・・・”

と思ってしまことはありませんか?

人を変えるのは、至難の業です。なぜならすべての人には意思があり、自分の価値観に基づいて行動しているからです。

他人を変えるよりも簡単で効果的なのは、自分が変わることです。

他人が変わらなくても、自分が変わることで好転することは、本当にたくさんあります。

 

自分の長所を伸ばし続ける

人は誰でも、長所と短所があります。

短所を改善することも良いかもしれませんが、目標を達成するために重要なのは、長所を伸ばし続けることです。

長所を伸ばし続ければ、いつの日かきっと、突き出た存在になれるでしょう。

 

不平や不満を口にしない

不平や不満は、言うだけ無駄です。

何か不満を口にしたところで、事態が好転することはありません。

それどころか、もし周囲の誰かがあなたの不平や不満を聞いていた場合、その人まで嫌な気分にさせてしまいます。

さらに「不平や不満の多い人」と思われてしまい、いつの間にか周囲の人達から敬遠される恐れも出てくるのです。

不平や不満、さらに批判的なことが頭に浮かんだ時は、すぐに気持ちを切り替えて、楽しいこと、前向きなことを考えるようにしましょう。

この習慣をつければ、あなたの人生はきっと好転していくはずです。

 

今この瞬間が、幸せだと感じる

・もっとお金があれば、幸せになれるのに。

・恋人がいないから、今の自分は不幸せだ。

・友達がおらず、毎日が寂しい。

このような思いが頭をよぎり、自分自身が不幸せだと思っていませんか?

人間はそもそも、生きているだけで幸せなのです。

もし恋人がいないのであれば、自分から積極的に動き出してみましょう。

素敵な相手が見つかれば幸せですし、その目標の実現に向かって動き出した今この瞬間も、きっと幸せを実感できるはずです。

 

自分のやりたいことをやる

人は成長するに連れて、他人の言うことに従ったり、周囲の意見を気にしたりする場面が増えてきます。

こうなってしまう大きな理由は、先生や親などから「周囲の人からどう思われるか、気にした方が良い」という固定観点を植え付けられるからです。

そして、周囲の人々からどう思われるかを気にし過ぎてしまい、自分のやりたいことができなくなります。

他人の意見に従えば、自分自身の自由が失われます。

人生はたった1度切りです。自分主導で、本当にやりたいことに挑戦しましょう。

 

褒め言葉を言われたら、感謝の言葉を返す

あなたは人から褒められた時、照れてしまい「そんなことはないですよ!」と返したりしていませんか?

特に日本人は謙虚な人が多いと言われており、褒められることに慣れていない人が少なくありません。

褒め言葉を否定することは、”自分にはそれだけの価値が無い”と言っているようなものです。

もし誰かがあなたを褒めてくれたら、決してそれを否定せずに、素直に受け入れましょう。

そして「ありがとうございます。」と感謝の言葉を伝える習慣を身に付けましょう。

 

自分の健康を大切にする

健康的な生活を毎日続けることは、自己肯定感を高めるのに有効な方法の1つです。

自堕落で不健康な生活を送っていると、メンタルの部分にも悪影響を及ぼすものです。

健康的に生きていれば、どんな場面でも全力を出せます。

身体的に何かしらのトラブルを抱えている場合、万が一の時にチャンスを失ってしまうかもしれません。

健康の鉄則は、十分な睡眠と栄養バランスのとれた食事、そして適度な運動です。

不健康になる要素を可能な限り省き、健康増進に向けて動き出しましょう。

スポンサーリンク

 

\ SNSでシェアしよう! /

まとめてウェブ~身近にある幸せを、あなたへ~の注目記事を受け取ろう

自己肯定感を高めている人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まとめてウェブ~身近にある幸せを、あなたへ~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まとめてウェブ編集部

身近にある幸せを、あなたへ届けたい。
まとめてウェブはこのような願いのもと、日本在住のライターである私(しげ)が日常生活や健康、そして人生に役立つ様々な情報をまとめているWebサイトです。今日も一日、あなたが健康で元気に過ごせますように。少しでもお役に立てれば幸いです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【恋愛映画】仕事が休みの日にゆっくり見たいおすすめの恋愛映画5選

  • パン工房ぐるぐるの各種パンが美味しい!茨城の県央地域で人気のパン屋さん

  • 麺家ふじひろは水戸市&茨城町の人気ラーメン店!豚骨魚介系スープが美味しい

  • ひたちなか市の米寿(べいじゅ)はJR勝田駅近くの人気店!ランチも美味しい♪

関連記事

  • 男が浮気を繰り返してしまう心理的な要因とは?

  • 浮気調査後に離婚したい場合の流れとは?

  • 退職は新たな出会いのチャンス!前向きに行動をおこすことが大切

  • 人生を楽しくするための7の方法と5つの習慣