1. TOP
  2. スポーツ
  3. ラグビーワールドカップ 歴代優勝国のまとめ

ラグビーワールドカップ 歴代優勝国のまとめ

ラグビーファンのイラスト

世界規模のスポーツの祭典として、4年に1度開催されるラグビーワールドカップ。

2019年には日本で初めてラグビーW杯が開催され、日本代表チームがベスト8という快挙を成し遂げています。

そこで今回は、日本でも注目度が高まりつつあるラグビーワールドカップに着目し、歴代優勝国を一覧にしてまとめました。

ラグビーワールドカップの歴代優勝国

第1回(1987年)⇒ ニュージーランド

第2回(1991年)⇒ オーストラリア

第3回(1995年)⇒ 南アフリカ共和国

第4回(1999年)⇒ オーストラリア

第5回(2003年)⇒ イングランド

第6回(2007年)⇒ 南アフリカ共和国

第7回(2011年)⇒ ニュージーランド

第8回(2015年)⇒ ニュージーランド

第9回(2019年)⇒ 南アフリカ共和国

優勝回数が最も多いのはニュージーランドと南アフリカ共和国で、共に3回ずつです。

ラグビーワールドカップが初めて開催されたのは1987年であり、サッカーと比べると歴史はそれほど長くありません。

しかしながらオセアニアやヨーロッパを中心に大きな注目を集めている世界大会であり、日本代表も着実に強くなってきました。

そして2023年の第10回大会は、フランスで開催されることが既に決定しています。

ラグビーワールドカップにご興味がある方へ、ぜひご覧頂ければ幸いです(^^♪

スポンサーリンク

 

日本で初開催!ラグビーワールドカップ2019の優勝は南アフリカ共和国

南アフリカ共和国の国旗

日本で初めてラグビーワールドカップが開催された第9回大会の優勝国は、南アフリカ共和国でした。

東京スタジアムや横浜国際総合競技場、東大阪市花園ラグビー場など、日本国内12の競技場で試合を開催。

日本はプールAを4戦全勝で勝ち上がり、史上初となるベスト8進出という快挙を成し遂げます。

準々決勝では後に優勝する南アフリカに負けてしまいましたが、本当に素晴らしい結果を残してくれました。

日本代表の選手の方々はこの大会のために、とても膨大な時間を費やし、練習やトレーニングに打ち込んだそうです。

この努力があったからこそ、日本ラグビーにおける新たな歴史を作り上げてくれたのですね。

第9回ラグビーワールドカップの順位

優勝:南アフリカ共和国

2位:イングランド

3位:ニュージーランド

4位:ウェールズ

第9回大会のラグビー日本代表の試合結果

〇プールA

日本 30 – 10 ロシア

日本 19 – 12 アイルランド

日本 38 – 19 サモア

日本 28 – 21 スコットランド

〇準々決勝

南アフリカ共和国 26 – 3 日本

ラグビー日本代表の最終的な結果 ⇒ ベスト8進出

 

イングランドで開催!ラグビーワールドカップ2015の優勝はニュージーランド

ニュージランドの国旗

ロンドンやマンチェスター、バーミンガムなどの主要都市がある「イングランド」で開催された第8回ラグビーワールドカップの優勝国は、ニュージランドでした。

2大会連続3度目の優勝であり、決勝戦では34対17でオーストラリアに勝利しています。

またアジア地区第1位の日本は、8大会連続8度目の出場。予選リーグのプールBでは、サモアやアメリカだけでなく、強豪国の南アフリカにも勝利します。

しかしながらスコットランドに敗れて惜しくも決勝トーナメントに出場できませんでしたが、日本代表が大躍進を遂げた大会です。

南アフリカとの闘いで見せた日本代表の大逆転劇は、ラグビーの歴史に名を刻む名勝負として、たくさんの人々に感動と勇気を届けてくれました。

第8回ラグビーワールドカップの順位

優勝:ニュージーランド

2位:オーストラリア

3位:南アフリカ共和国

4位:アルゼンチン

第8回大会のラグビー日本代表の試合結果

日本 34 – 32 南アフリカ共和国

スコットランド 45 – 10 日本

日本 26 – 5 サモア

日本 28 – 18 アメリカ合衆国

ラグビー日本代表の最終的な結果 ⇒ 3勝1敗と健闘するも、予選プール敗退

 

ニュージーランドで開催!ラグビーワールドカップ2011の優勝はニュージーランド

ニュージランドの国旗

第7回目となるラグビーワールドカップ2011の優勝国は、オールブラックスの愛称で有名なニュージーランドでした。

決勝戦ではフランスと対戦し、8対7という僅差で勝利しています。また得点王に輝いたのは南アフリカのモルネ・ステイン選手で、得点数は62点でした。

第7回ラグビーワールドカップの順位

優勝:ニュージーランド

2位:フランス

3位:オーストラリア

4位:ウェールズ

第7回大会のラグビー日本代表の試合結果

フランス 47 – 10 日本

ニュージーランド 83 – 7 日本

トンガ 31 – 18 日本

カナダ 23 – 23 日本

ラグビー日本代表の最終的な結果 ⇒ 0勝3敗1分で予選プール敗退

スポンサーリンク

 

フランスで開催!ラグビーワールドカップ2007の優勝は南アフリカ共和国

南アフリカ共和国の国旗

フランスを中心にして開催された第6回目となるラグビーワールドカップ2007の優勝国は、南アフリカ共和国でした。

決勝戦ではイングランドと対戦し、15対6で勝利。南アフリカ代表のパーシー・モンゴメリ選手は105点を記録し、この大会の得点王に輝いています。

第6回ラグビーワールドカップの順位

優勝:南アフリカ共和国

2位:イングランド

3位:アルゼンチン

4位:フランス

第6回大会のラグビー日本代表の試合結果

オーストラリア 91 – 3 日本

カナダ 12 – 12 日本

ウェールズ 72 – 18 日本

フィジー 35 – 31 日本

ラグビー日本代表の最終的な結果 ⇒ 0勝3敗1分で予選プール敗退

 

オーストラリアで開催!ラグビーワールドカップ2003の優勝はイングランド

イングランドの国旗

2003年10月10日から11月22日にかけてオーストラリアで開催された第5回ラグビーワールドカップの優勝国は、イングランドでした。

イングランドは4戦全勝でプールCを勝ち上がり、ウェールズとフランスを撃破して、決勝へと駒を進めます。

決勝の相手はオーストラリアで、20対17という大激戦の末、イングランドが勝利しました。

得点王はイングランドのジョニー・ウィルキンソン選手で、113得点を記録しています。

第5回ラグビーワールドカップの順位

優勝:イングランド

2位:オーストラリア

3位:ニュージーランド

4位:フランス

第5回大会のラグビー日本代表の試合結果

スコットランド 32 – 11 日本

フィジー 41 – 13 日本

フランス 51 – 29 日本

アメリカ 39 – 26 日本

ラグビー日本代表の最終的な結果 ⇒ 4戦全敗で予選プール敗退

 

ウェールズで開催!ラグビーワールドカップ1999の優勝はオーストラリア

オーストラリアの国旗

1999年に開催された第4回ラグビーワールドカップの優勝国は、オーストラリアでした。

前回大会までは出場枠が16国でしたが、今大会からは20ヵ国に増加。予選プールはAからEまでの5つで、オーストラリアは準決勝で南アフリカと対戦し、27対21で勝利します。

そして決勝戦ではフランスと対戦し、35対12という結果で見事、2回目の優勝を果たしました。

なお第4回大会はウェールズを中心として、イングランドやスコットランド、アイルランド、フランスでも試合が行われています。

第4回ラグビーワールドカップの順位

優勝:オーストラリア

2位:フランス

3位:南アフリカ共和国

4位:ニュージーランド

第4回大会のラグビー日本代表の試合結果

サモア 43 – 9 日本

ウェールズ 64 – 15 日本

アルゼンチン 33 – 12 日本

ラグビー日本代表の最終的な結果 ⇒ 3戦全敗で予選プール敗退

スポンサーリンク

 

南アフリカで開催!ラグビーワールドカップ1995の優勝は南アフリカ共和国

南アフリカ共和国の国旗

南アフリカ共和国で開催された第3回目となるラグビーワールドカップの優勝国は、ホスト国である南アフリカ共和国でした。

南アフリカはアパルトヘイトの影響により、第2回大会まで除名されていました。

初出場となった第3回大会は全勝で予選プールを勝ち上がり、決勝ではニュージーランドと対戦。15対12という僅差で勝利しています。

なお今大会での最多トライはニュージーランドのジョナ・ロムー選手で、7トライを記録しています。

第3回ラグビーワールドカップの順位

優勝:南アフリカ共和国

2位:ニュージーランド

3位:フランス

4位:イングランド

第3回大会のラグビー日本代表の試合結果

ウェールズ 57 – 10 日本

アイルランド 50 – 28 日本

ニュージーランド 145 – 17 日本

ラグビー日本代表の最終的な結果 ⇒ 3戦全敗で予選プール敗退

 

イングランドを中心に開催!ラグビーワールドカップ1991の優勝はオーストラリア

オーストラリアの国旗

イングランドをはじめとしてフランスやアイルランド、ウェールズ、スコットランドで開催された第2回目となるラグビーワールドカップ1991の優勝国は、オーストラリアでした。

32チームが本大会に出場し、4つのプールステージに分かれてリーグ戦を展開。そして上位8チームが決勝トーナメントへと進出しました。

決勝戦はオーストラリアとホスト国のイングランドで、12対6でオーストラリアが初優勝を果たしています。

第2回ラグビーワールドカップの順位

優勝:オーストラリア

2位:イングランド

3位:ニュージーランド

4位:スコットランド

第2回大会のラグビー日本代表の試合結果

スコットランド 47 – 9 日本

アイルランド 32 – 16 日本

日本 52 – 8 ジンバブエ

ラグビー日本代表の最終的な結果 ⇒ 1勝2敗で予選プール敗退

 

記念すべき第1回大会!ラグビーワールドカップ1987の優勝はニュージーランド

ニュージランドの国旗

1987年に行われた記念すべき第1回ラグビーワールドカップは、ニュージーランドとオーストラリアの共催で実現しました。

この2ヶ国のラグビー協会による”招待大会”として開催され、フランスや日本、アメリカ、フィジーなど、16ヵ国が出場。

決勝戦ではニュージーランドとフランスが激突し、ニュージーランドが29対9で勝利。見事、記念すべき第1回大会の優勝国となりました。

最多得点はニュージーランドのグラント・フォックス選手で、126得点を記録しています。

第1回ラグビーワールドカップの順位

優勝:ニュージーランド

2位:フランス

3位:ウェールズ

4位:オーストラリア

第1回大会のラグビー日本代表の試合結果

アメリカ 21 – 18 日本

イングランド 60 – 7 日本

オーストラリア 42 – 23 日本

ラグビー日本代表の最終的な結果 ⇒ 3戦全敗で予選プール敗退

スポンサーリンク

 

\ SNSでシェアしよう! /

まとめてウェブ~身近にある幸せを、あなたへ~の注目記事を受け取ろう

ラグビーファンのイラスト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まとめてウェブ~身近にある幸せを、あなたへ~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まとめてウェブ編集部

身近にある幸せを、あなたへ届けたい。
まとめてウェブはこのような願いのもと、日本在住のライターである私(しげ)が日常生活や健康、そして人生に役立つ様々な情報をまとめているWebサイトです。今日も一日、あなたが健康で元気に過ごせますように。少しでもお役に立てれば幸いです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • コナズ珈琲のおすすめメニュー特集(パンケーキやハンバーガーなど)

  • ボクシングの階級と体重一覧 日本人の歴代世界チャンピオンも掲載

  • 映画「羊たちの沈黙」がスゴイ!感想や続編、配信情報のまとめ

  • ほっともっとのお弁当は「おかずのみ」で節約!気になる値段やカロリー数について

関連記事

  • 【東京オリンピック2020】ソフトボール女子の金メダリスト一覧

  • 日本のプロ野球チーム一覧

  • 【東京オリンピック2020】バスケットボール女子 銀メダリスト一覧

  • ボクシングの階級と体重一覧 日本人の歴代世界チャンピオンも掲載

  • 大谷翔平選手がすごい!年度別成績のまとめ

  • 【東京オリンピック2020】日本人メダリスト一覧~感動をありがとう~